くがやま井の頭通り歯科の小児歯科

乳歯が虫歯になってしまうと進行は予想以上に早いです。虫歯が進行してしまわないよう、こまめなチェックとフッ素でしっかり予防・早期治療が大切だと考えています。

また、お子様の治療は、虫歯を治すだけではなく、成長が進むにつれ永久歯が正しい位置に生えそろい、虫歯のない健康で美しいお口になることを目標にしています。まずは、虫歯にならないように、ご自宅での歯磨き練習や、定期健診・クリーニングで予防しましょう。

お子様の歯医者さんデビューはくがやま井の頭通り歯科で!

久我山・西荻窪の小児歯科といえばくがやま井の頭通り歯科です。

当院では、お子様の治療に力を入れています。 最初は歯医者さんに来ただけで大声で泣き叫んでいたお子様が、お母さんの膝の上ならなんとか治療台に座れるようになり、そのうちお母さんが手をにぎってくれていれば一人でも座れるようになって、そしていつの間にか「もう一人でできるからママは来ないで!」と、さみしいような、嬉しいようなことを言い出す…そんなお子様の成長を保護者様と共に見守っていくことができればと思っております。

くがやま井の頭通り歯科の7つの安心
子供が好きなスタッフがたくさん
子供が好きなスタッフがたくさん
当院には、保育士資格を持つ院長をはじめ、子供好きなスタッフばかりです。まずは、一緒に遊んだりお話をしたりして、当院に慣れていただけるよう、子供たちの心に寄り添った診療を心がけています。

フッ素塗布
当院の院長は、保育士アンガーマネージメントキッズインストラクターの資格を持っており、治療を受ける子供たちの心理面のケアにも心を配っています。お子様のお口のお悩みだけでなく、親御さんの子育てのお悩みもお気軽にお話しください!
フッ素塗布
キッズスペースを完備しています
キッズスペースを完備しています
診療前後の待ち時間に遊んでいただけます。診療前に少しでも緊張をほぐせるよう、おもちゃや絵本を多数ご用意しています。
また、検診やクリーニングで定期的に通われるお子様が飽きてしまわないよう、おもちゃを時々入れ替え、楽しく遊べるキッズコーナーをめざしています。
ベビーカーも一緒に診療室まで入れます
ベビーカーも一緒に診療室まで入れます
診療室は全て広い完全個室になっています。ベビーカーのまま診療室まで入っていただけますので、小さなお子様連れでも安心してご来院いただけます。
また、お子様の治療中保護者の方も一緒に診療室に入り、見守っていただくことも可能です。
フッ素を積極的に使用した虫歯予防をしています
お子様の虫歯予防にはフッ素が効果的です。当院ではフッ素を積極的に使用し、虫歯予防を行っています。
フッ素塗布とは?
フッ素には虫歯を予防する3つの働きがあります。
1.歯を強くする
フッ素は歯の表面のエナメル質の成分と結びついて、フルオロアパタイトという硬い構造になり、歯質を強化します。
2.初期の虫歯を治す
歯の成分のカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出す(脱灰)と、初期の虫歯が発生します。 フッ素は、この歯の表面から失われたミネラルの回復(再石灰化)を促進させる働きがあり、初期の虫歯が自然に修復されます。
3.虫歯菌の活動を抑える
フッ素には抗菌・抗酸素作用があり、虫歯菌の活動を抑えます。 これにより虫歯の元となる酸の量を減らし、お口の中を虫歯になりにくい環境にします。
フッ素2way フッ素キャラ

フッ素塗布の方法

フッ素塗布
フッ素の塗布は虫歯予防に非常に効果的な処置です。ですが魔法の薬ではありません。歯医者さんでフッ素を塗ったからといって「もう虫歯にならない!」なんてことは絶対にありません。
一番重要なのは、やはりお子様本人によるブラッシングやご家族の方の仕上げ磨き、食生活をはじめとする毎日の生活習慣です。
フッ素塗布
女性医師が在籍しています
当院には女性医師が在籍しております。女性の先生に診てもらいたいとご希望される方はお気軽にご相談ください。
第2のお父さん、お母さんのようにお子様の成長を見守っています
第2のお父さん、お母さんのようにお子様の成長を見守っています
当院ではドクター・スタッフが、第2のお父さん・お母さんのようにお子様の成長を見守っています。当院に通うのが楽しいと言ってくれるお子様が多くいらっしゃいます。
日本小児歯科学会所属の院長
日本小児歯科学会所属の院長
院長は、日本小児歯科学に所属しています。お子様の成長に合わせた治療方法や最新の治療法など、常に新しい情報を把握するように努めています。 お子様のお口についてのお悩みや効果的な歯みがき方法、生活習慣など気になることはなんでもご相談ください!また、小児矯正も積極的に行っています。

→矯正歯科についてはこちら

無理な治療は絶対にしません

初めての治療で不安のお子様もいらっしゃいますが、そのようなお子様には、無理に治療することは絶対にしません。無理に治療をしたらますます怖がってトラウマになってしまいますし、何よりたいへん危険です。
ですので、医院に慣れて安全に治療ができるようになるまでは、何回でもご来院いただいています。最初は緊張で号泣して何もできなかったお子様が、いつの間にか1人で座って大きなお口を開けている。そんなお子様の成長を当院で感じてください。

治療を頑張ったお子様にはガチャガチャができるよ!かわいいシールや消しゴムなど、何がでるか楽しみにしててね。

定期的な通院のすすめ

乳歯の生え始めから永久歯が生えそろうまでの間は、定期的にお越しいただきフッ素の塗布をすることが一番の虫歯予防です。フッ素を吸収すると歯が強くなります。
痛みがなくても定期的に歯科医院に通う習慣をつけていただくことは、長い目で見るとお子様にとっても非常に良いことです。
ですので当院では、とにかく歯医者さんを好きになってほしいと考えています。なるべく痛くなく歯医者さんを怖い所と感じないようスタッフ一同心掛けています。
特に永久歯が生え始める頃は、お子様自身の歯みがきも、ご家族の仕上げ磨きもおろそかになりやすく、一番虫歯になりやすい時期と言えます。お子様が一生涯健康なお口でいられるよう、小さいころからの定期的なチェックが大切になります。

フッ素塗布
学校検診での結果について

学校検診について

歯医者さんでは虫歯はないと言われていても、学校検診で指摘されるケース、やその逆など、別々の結果を言われる場合があります。
学校検診では設備が限られるため、残念ながら検査結果は絶対ではありません。虫歯があっても学校検診では見つけられないこともありますし、逆に「あやしいので歯医者さんで詳しく診てもらってくださいね」という意味で「虫歯」とチェックされることもあります。
たとえ虫歯であっても、定期的に歯医者さんで経過を追っていれば問題はありませんので、あまり心配しなくても大丈夫です。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

フッ素塗布

  • 歯科衛生士さんを募集しています。くわしくはお電話にて
  • こども歯科
  • 院内紹介
  • ドクター紹介
  • 当院へのアクセス

    井の頭線「久我山駅」より徒歩7分

    中央・総武線「西荻窪駅」より徒歩12分

ドクターズファイル
杉並区ドクターズインタビュー
ASKdoctor
ページTOPへ戻る